新聞・雑誌からアルミ缶・ペットボトルなどもお任せください。

古新聞・古雑誌の回収について

ご家庭から排出される新聞やチラシ、貯めこんでしまった雑誌やカタログ、ダンボールなどの処分でお困りではありませんか?学校・町内会・自治会などで実施される集団回収もお任せください。
子供会などの活動であつまった古新聞・古雑誌を引取り・買取りいたします。アルミ缶・布類・牛乳パック・ペットボトル・ダンボール等、リサイクル資源もお引き受けしております。

作業を通してリサイクルを学ぶ

課外授業の一環に

整理整頓を身に付ける

学校・自治会・町内会のお手伝いをしています

弊社は、学校資源回収を子供達の課外授業ととらえております。先生、父兄の皆さんと子供達が一体となって
作業をすすめられることを願います。もちろん弊社社員もお手伝いいたします。
具体的には、鉄ケースの中に1人入って車上の荷物を手渡しします。ケースの中の人には手渡された荷物を、隙間なく積み上げ整理整頓していただきます。ちなみに、荷物のしっかり入った鉄ケースの正味重量は、約1,000kgあります。参考にして下さい。

新聞・チラシの積込

集まったダンボール

これだけの資源が集まりました

小学校・中学校の牛乳パック回収でリサイクルが学べます

弊社は、学校納入指定業者と契約を取り交わし、児童・生徒が飲み終えた牛乳パックを収集しております。
子供達は、パックをハサミや手で切り開き、水洗いをし、乾かしてから、ダンボール箱に詰め込みます。
そして、一学期分を精算してトイレットペーパーやティッシュペーパーで還元しています。
子供達は、身近なものを通してリサイクル(再資源化)を学んでいることでしょう。
皆さんの学校でもいかかでしょうか?よろしければ、お手伝いにお伺い致します。

古新聞の回収リサイクルの流れ

読み終えて必要なくなった新聞紙は、廃棄され古紙回収や廃品回収などで集められます。
そして、廃棄された新聞は、製紙工場へ運ばれます。そこで一度溶かされて、コピー用紙はティッシュやトイレットペーパーに再生したり、ダンボールはもう1回ダンボールになったりしてまた新しい紙に生まれかわります。
このようなリサイクル工程を経て、新聞紙などの紙は、再び生活のいろいろな局面で再利用されます。
このリサイクルにより、紙の原料となる木材の節約ができ、大切な森林資源の保全に役立っています。


お申込み・お問合せはこちら

2017/08/21[15:19:12]